スキンケアのHow to

乾燥肌には欠かせない油分を補う方法

私は乾燥肌です。あまり時期には関係なく、夏場でもかさつくことがよくあります。特に目の周辺は。

 

仕事もしているので、毎日メイクは欠かせません。目の周辺は特に敏感な肌をしているので、アイメイクはあまりしないように心がけているのですが、それでもやはり夕方になるとメイクの負担と肌の乾燥が進み、かゆみが出て来ていました。

 

そして今から3年前、子供を出産したきっかけから、自分の肌質は更に乾燥傾向になったと感じています。特に育児中は、自分のケアをしっかりすることもできなかったので、目の周辺のかゆみがとまらず、掻き毟ることが多かったです。気をつけてはいましたが、夜間も自然にこすっていたのですね。そのためこの育児中に目の周りのくすみ、色素沈着が進んできたと感じました。

 

この状態に気づいたときには、既に遅し。自分でも少しショックになるほど、パンダ状態。更に寝不足や疲労がたまり、目の下のクマがその色素沈着を助長していましたね。

 

それから、私は自分の肌の改善を見直すスキンケアが必要だと感じました。ただし、まだ子供は0歳児、抱っこも頻回にするし、頬が密着することだってあります。そのため、子供の肌への刺激になるようなものは避けたいと思いました。そこでたどり着いたのが、馬油です。

 

馬油は、自然のものから抽出されたものなので、とても肌に優しいです。また古くから皮膚病の治療に使用されるほど、効果は高く、更に赤ちゃんでも使えるほどの優しさ。また馬油というので、もちろん油。保湿力には優れ、私の肌ケアには最適だと思いました。

 

また余分な化粧水や乳液を使用しなくても、これ一本でスキンケアも終了です。育児中で忙しい主婦には最適です。

 

初めて使用するときには、一応過敏性を調べるパッチテストをしましたが、まったく問題はありませんでした。それからはもう欠かさず使用しています。少量でも伸びがよく、肌の上で滑らかに滑るので、馬油をつける時にマッサージも一緒に行うことができます。初日の時から、保湿がされているなあ、かゆみがないなあと実感することが出来ました。

 

また保湿をするようになって。約1ヶ月たった時、目の周辺の皮膚が柔らかくなったと感じました。そしてずっと使用していると、マッサージ効果もあったのでしょうか。目の下のクマも改善されて、パンダのような状態から脱出することが出来たのです。ここまで来るのに、馬油を使用し始めて2ヶ月が経っていました。

 

それからはずっと愛用しています。夏も冬も気になる時には、すぐに塗るようにしています。手軽につけることが出来るし、コストパフォーマンスもいいので、最適なスキンケア用品だと思っています。